イスラエルの平和運動

2013.01.17 Thursday



15日、明治大学でアダム・ケラー講演会
「イスラエルの平和運動は今」を聴く。
アダム・ケラーさん(写真左)はイスラエル
のジャーナリスト、平和活動家。
1993年イスラエルの平和団体 Gush
Shalom
グーシュ・シャロームを結成。
同機関紙 "The Other Israel"の編集長。
グーシュ・シャロームの前身ICIPP (Israeli
Council for Israeli-Palestinian Peace)が
1995年「多田謡子反権力人権賞」を受賞
した際に代表として来日。
1967年第3次中東戦争以前の停戦ライン
(グリーンライン)をイスラエルとパレスチナの
国境とし、占領地から完全撤退、パレスチナ
独立国家との2国共存、イスラエルを「ユダヤ
国家」と定義づけることに反対、パレスチナ
難民の帰還権について交渉で解決などの
原則を掲げている。

      

      ヤコブ・ラブキンさん(カナダの歴史学者、
      モントリオール大学教授・写真右)も参加
      されていて短いスピーチをされた。
      著書「トーラーの名において」
         「イスラエルとは何か」

出かける | 23:33 | comments(0)

<< 日米中関係について | ブログの先頭へ | やぎさん野菜 1月分 >>










さっこさん、今なにしてる?

毎日元気に飛び回っています!!
さっこの日記は携帯からもお気軽にご覧いただけます!!

ブログ内を検索

最新記事

カテゴリー別に読む

新着コメント

月ごとに読む

リンク

しのはら咲子が関心を持っているサイトのリンク集です。

議会

亀岡

子ども

平和・環境・政治

管理